生地にこだわったオリジナルTシャツを作成

同じTシャツであっても、使用されている生地はかなり違う事もあります。夏に着る様な物であれば、かなり薄い生地もあり、少し透ける物もあります。

厚い物であれば、少し肌寒い時期にも着られる様な、暖かく感じる物もあります。オリジナルTシャツでは使っている生地の重さが参考に記載されている事もあります。

軽いほど薄手になり、重たいほど厚手となる様です。オリジナルTシャツを着る季節や、使う目的などを考えて選びたいですね。

一度のイベントに使うのであれば、それほど考えなくてもいいかもしれませんが、もし日常的に着る事を想定して作るのであれば、着る時の事までよく考えて作りたいですね。

オリジナルTシャツの値段について

オリジナルTシャツを作成する時の値段ってよく分からないという人も多いと思います。もちろん値段はピンキリです。それなりにお手頃価格で作ることもできます。

 オリジナルTシャツを作る場合、価格は、デザインする絵の大きさやどれだけ文字を入れるか、色をどれだけ使うかによって違ってきます。文字をたくさん入れたり、たくさん色を使ってデザインしたりすると、それだけかかる費用は高くなります。

その逆をすれば費用も抑えて作ることができるので、なるべく費用を抑えて作りたいと思う人は、シンプルなデザインのものが良いと思います。また、注文枚数によっては送料がかかったりします。

オリジナルTシャツの重さオンスにこだわる

オリジナルTシャツは生地の感触や厚さ、質感などこだわって作られています。Tシャツに評価されているオンスですが、これはTシャツの重さを表すものです。薄手の生地でイベントなどで作られる事が多いものは比較的軽く、価格が安い物が多いです。

しかし軽くても高価な物もあるので一概には言えません。肉厚生地のヘビーウェイトと呼ばれるTシャツは、Tシャツの中でも最高クラスと言われています。更に厚手生地のスウェット生地はパーカーやトレーナーなどに使われています。オリジナルTシャツを作る際は価格を優先するのか、質感を優先するかによって全然違うTシャツが出来上がります。

記念のためのオリジナルTシャツ

用途は多数ありますが、中には記念のためのオリジナルTシャツを作成する人もいます。記念のためのオリジナルTシャツでは、祝という言葉などを入れる事もできますが、日常的に着用しにくく感じられる事もあります。

そのため、オリジナルTシャツには、あまり具体的な内容は記載しないで英語で言葉を入れたりするのもいいでしょう。特に個人の写真や名前が入っているオリジナルTシャツについては、着用しにくく感じる事もあります。

他人の物であれば、なおさらでしょう。そのため、記念のためのオリジナルTシャツを作る場合には、どんなデザインにするのかという事を最初によく考える必要があるでしょう。

Tシャツ作成に関する記事